Profile

岡本 妙子   感情表現研究所 代表  

心理カウンセラー/ゲシュタルト・セラピスト

花セラピストインストラクター/執筆家

         

◆日本メンタルヘルス協会公認カウンセラー

◆日本ゲシュタルト療法学会会員

◆(財)国際花と緑のセラピー協議会・花セラピスト

◆BPJ認定BPファシリテーター

 

カウンセリング手法:ゲシュタルト療法。来談者中心療法、認知行動療法、精神分析的療法、自己心理学、森田療法、など。

相談分野:心の悩み、結婚・離婚・家庭、子育て、親しい方や家族を亡くした喪失体験、職場人間関係、学校関係(不登校・ひきこもり・いじめ等)、ひきこもり(成人対象)など。

東京生まれ。B型。

20代から雑誌の企画・編集・ライティングを中心にフリーランスとして情報誌・広告媒体において心理、育児、健康、食、ビジネス、カルチャーなどの幅広い分野で活動。これまで政界財界芸能界など企業経営者や著名人との取材で、のべ3,000人のトップと対談。雑誌記者としてさまざまな人物像に迫り、なかでも富士ゼロックス小林陽太郎氏、アサヒビール中條高徳氏、経済評論家の竹村健一氏など成功者から多くを学んだ

 

その後、勤めていた企業でリストラに合い、招待された心理学セミナーで、「悩みは自分で解決できる」という言葉に衝撃を受け、日本メンタルヘルス協会にて人間性中心心理学を学ぶ。

 

さらにゲシュタルト療法の受容的側面からのアプローチの素晴らしさを実感し、「こころの在り方」についての洞察を深める。

2012年には、花の癒し効果を自ら体感し、ゲシュタルト療法を通じ、(財)国際花と緑のセラピー協議会、青山克子理事長の元、花セラピストとして活動を始める。

 

自己肯定感を体得できるようカウンセリング、グループワークを行い、ゲシュタルト療法のみならず、禅からの学びも取り入れ、統合的な視点からのカウンセリングを行う。

そして、自分自身の子育て経験をベースに、子どもの悩みを抱えている親の心理、乳幼児の発達に関しての子育て支援も行う。交流分析、ゲシュタルト療法などの理論を軸に、自分自身に問いかける独自のメソッドで活動。人生を楽しく笑顔で歩むワークショップを展開中。

 

2011年の東日本大震災後には、カウンセラー仲間とともに宮城県南三陸町など被災地へボランティアとして出向き、被災者への支援、傾聴に取り組む。